Archive for the ‘未分類’ Category

退職事由別退職金総額

一昔前までは、国内の雇用と言うのは、終身雇用制度が当たり前であり、学校を卒業して勤め始めた会社に定年退職するまで勤め続けるというのが当たり前でした。ですが、今や転職やリストラと言うのは特に珍しい事ではなくなっています。国内の雇用状況が大きく様変わりしたのです。
もっとも一言で退職と言ってもその人によって、退職事由というのは様々あるモノです。ですが大きく考えると、自己都合と会社都合という形で二つに分ける事が出来ます。
更に自己都合の場合でも、転職するためや会社内で上手く行かなくなったためという分かり易いケースもあれば、業務成績が著しく劣ったり勤務成績が著しく悪いために、自己都合扱いで退職する羽目になるという様なケースもあります。同様に会社都合の場合でも、定年退職や業務を行っていた事が原因で病気になり就労が困難になったり、リストラで会社を退職する羽目になったりと理由は様々あります。
ただしどちらの退職事由でも、ある一定期間以上その会社に勤めていたら、退職金という形でお金が支払われる事になります。ですが基本的に同じ年数会社に勤務していた場合でも、自己都合に比べて会社都合で退職した方がその金額というのは高くなるモノです。しかも病気という同じ理由でも、会社や退職の仕方により、自己都合になったり会社都合になったりと変化するので、注意が必要です。

業種別退職金総額

退職金は、業種によってどのぐらいの金額がもらえるのでしょうか。

東京都産業労働局が平成24年に行った調査では、学歴や自己都合や会社都合、勤続年数などを纏めて発表しています。
これによると、大学卒で約1224万円、専門や短大は1136万円、高卒は1113万円となっています。
これが、大企業で大卒だと2491万円と、かなりの差額になっています。

また、自己都合で退職した場合でも、勤続年数が高い場合は金額は高くなっています。

業種別にみていくと、大学卒業で定年退職の場合だと、金融や保険業が1961万円、運輸や郵便業が1866万円、情報通信は1636万円となっています。
医療や福祉は704万円、サービス業は840万円とかなり低めです。

このように、学歴や企業、業界などによってかなり差があることがわかります。
また、勤続年数が長い方がやはり高いようです。
特に、会社の規模や業界は貰える金額に影響を与えているようです。

また、データによると20年前や10年前に比べると、もらえる金額は下がっている傾向になっています。
大学卒は20年前は、大企業で2637万円で、現在と比べるとかなり下がっていることがわかります。
景気などによっても、やはり貰える金額が変わってくるようです。

 

企業規模別退職金総額

会社を退職する時に貰えるのが退職金ですが、その額は学歴や勤続年数、そして企業規模などによって大きく違ってきます。
中小企業を定年退職する場合、大卒者が1200万円前後であるのに対して、高専・短大・高校卒は1100万円前後が相場となっています。
しかし、大企業では大卒者で2500万円前後となります。中小企業と比較すると、およそ2倍の差が出ることが分かります。
このように企業規模は、退職時に受け取ることが出来る金額に大きな影響を与えるのです。
ただし、これはあくまで相場であり、産業別に見ていくとまた少し変化が出てきます。
中小企業で一番高額なのが金融・保険業、次に運輸・郵便業や情報通信業となっており、この辺りの業界は大企業に比べるとやや低いもののそう引けを取らない額を受け取ることが出来ます。
逆に低いのは医療や福祉業界、飲食業などのサービス業界です。
企業の規模的に考えると小さなものではありませんが、大企業や先に挙げた業界のおよそ半分程度の金額が退職時に受け取れる相場となっています。
あくまでも相場ですが老後の考えると少々不安になる額かもしれません。
退職時に受けとれる金額に大きな影響を与えるのは、企業の規模と業界といえるでしょう。

 

転職時の賃金の変化

転職をする時には大きな理由があるようになります。
仕事を変えるというのは、いろんな意味で大変になりますので、大きな理由がなくては仕事を変えようとホモわないものです。
たとえば、職場で酷いいじめにあっているとか、どうしても自分のやりたい仕事があるといった理由があるでしょう。
仕事を変えることによって、自分の気持ちが楽になるのであれば、変えてみてもいいのかもしれません。
仕事を変えることで変化することとしては、賃金が変わってくるという事なのです。
今までの職場よりも給料がいいのであれば、それに越したことはありませんので、理想的ではあります。
しかし、給料が今よりも下がってしまう事も考えられます。
同じ職種だったとしても、会社が変われば給料の金額にも変化があるのは当然です。
そして職種自体が変わってしまうのであれば、給料が下がることも考えられなl空ありません。
給料が下がったとしても転職をしようと考えるのであれば、本当にその金額で生活をしていくことが出来るかというのを事前に計算してみておくといいでしょう。
仕事を変えることで職場での悩みはなくなったとしても、今度は生活への不安から悩みが出てきてしまう可能性もありますので、事前のシュミレーションは必要になります。

都道府県別女性労働者パートタイム賃金

全国のパートタイム賃金やアルバイトの賃金は一律ではありません。これはなかなかわかりにくいですが、人を雇う場合にこれ以下の値段で雇ってはいけないという最低ラインがあります。正社員は当然としてパートタイマーやアルバイトもこれ以下で雇うことは法律で禁止されています。最低賃金はベースとなるもので、残業代や交通費はこの中に含まれません。支払う場合はこれらも払わなくてはいけません。最低賃金に関しては各都道府県で違ってきます。同じような地方だとほぼ同じ傾向がありますが、東京に隣接しているようなところでも少しずつ金額が違ってきています。また一番高いところと一番安いところでは、200円くらい最低賃金が違っています。ですから最低賃金以下で賃金が設定されている場合は、明確な法律違反です。これは法律で決定していることですが、ものすごく重要な政策です。企業成績が伸びているのに企業がなかなか賃金アップに踏み切らない場合は、国が後押しする必要があります。どうしても世界同時不況の影響が残っているためか、企業は及び腰である部分が多いので最低賃金法はものすごく大事です。東北や九州などは安い傾向がありますが、これは物価水準なんかを考慮して決定されています。

都道府県別常用労働者現金給与総額

???? Vol.126 ?IT??????????????都道府県別常用労働者現金給与総額から見ると賃金の平均は317321円となっています。また、1番賃金が高い都道府県はだんとつで東京都になっており、これは414539円となっています。2番目は大阪府の341811円、3番目は愛知県の330356円となっています。このように見ていくと賃金の多い県はいわゆる日本の三大都市を有する東京都、大阪府、愛知県となっています。やはり、人口密集地帯が賃金が高いことが分かります。製造業別の賃金で見ていくと東京都が504773円と圧倒的な金額となっています。次が神奈川県の417997円、愛知県の390634円となっており、製造業が一地方に集中しているのが分かります。以外にも大阪府は製造業別の賃金では372222円となっており、滋賀県に若干下になっています。
逆に賃金の低いワースト3県を見ていくと、沖縄県、宮崎県、鹿児島県となっており、それぞれ、238346円、250739円、252245円となっており、南の県に集中しています。特に沖縄県は他と比べて際立って低いと感じられます。また製造業別の賃金を見たもやはりあまり高くはありません。ここから分かることとして、産業の多さと人口の多さが賃金の高さを決めるカギになっているかと考えられます。

性別・年代別収入

入社してから何年もたってきたときに、ふと自分の将来が不安になってしまうようなことがあるものかもしれません。
なぜそういった風に思うようになるのかというと、自分の収入が一般的な金額と比べて多いのか少ないのかというところにあります。
もしも他の人よりも少ないのであれば、余計に将来が不安になってしまうものでもありますので、一般的な金額と比べてどうなのかというのを知っておくようにしてもいいでしょう。
その時には、性別や年代も考えて比べてみる必要があります。
たくさんの女性が社会進出してきている時代だとはいっても、やはり男性よりも女性の方が給料を安く設定している会社も多くなっています。
そして年代を考えてみたときにでも、入社したばかりの人に比べて、何年も働いてきている人の方が多くの給料をもらえるようになっていますので、金額に差が出てくるようになるでしょう。
そういった風に年齢や性別によっても大きな差が出てくるようになりますので、自分がもらっている給料がどうなのかというのがわかるようになるはずです。
その金額しだいによっては、今後の事も考えていくようにしなくてはなりませんので、早めに知っておくようにするといいでしょう。

賃金支給額の内訳

給料と呼ばれている賃金とは、いくつかのものが合算されたものとなっています。

まずは基本給というものがあって、それに各種の手当てというものが上乗せされている、というのがその???? Vol.126 ?IT??????????????基本的な仕組みで、この手当てには残業をした際の残業手当や、休日に出勤して仕事をした場合の休日出勤手当て、また、出張などをした場合の出張手当、などといった各種の手当てが含まれていることになります。

すなわち、基本給というものにこうした各種の手当てが全て合算されたものが、賃金支給額となっているわけなのです。

賃金が支払われる際には、こうしたものの内訳が記されている給与明細書が付けられますから、賃金の支払いを受ける従業員は、この給与明細書をみれば、その内訳がどうなっているのかがわかるということです。

また、給与所得というものは所得税法によって、その事業所に源泉徴収を行うことが義務付けられていますから、この源泉徴収によって差し引かれている所得税の額も、給与明細書には記されているわけです。

同様に、医療保険や雇用保険と呼ばれている失業保険、その他の社会保険といったものも天引きされた上で、給与といったものは支払われるために、こうした社会保険の明細も給与明細書には記されています。

すなわち、給与所得者である従業員が実際に支給される給与とは、源泉徴収される所得税や、各種の社会保険として徴収されるものが差し引かれた上で、いわゆる「手取り」として支給されるものとなっているわけなのです。

家計の収入について

家計の収入というのは、それぞれの家庭によって全く異なります。
基本的ベースになるのは、主に稼ぎ頭といわれている人です。世帯によって男性ではなく、女性という場合もあります。
主夫という言葉がでてきているぐらいですから、男性だけが稼ぎに行くということはありません。
また、今は不景気ということもあり、夫も妻も両方が働いているということが多い時代です。
しかし、扶養という中で働くか、それを超えてもっとばりばり働くかということで働き方も変わってきます。
100数万円を超えてしまうようでしたら、がんがん稼がないとかなり損になってしまうということもあります。
しかし、子供がいる家庭になりますと、保育園に入れる際にも働いていないと入れることはできませんし。かといって採用率が高いということもありません。今保育園の空きがあまりないので、みなさんとてもこまっているようです。
しかも、保育料というのは数万円しますから、あまりに稼ぎが少ない場合には、この額を上行くぐらい稼げないということもあります。
しかし、収入のためだけではなく、一緒にいすぎて育児ノイローゼになってしまうという方もおおいようで、働いた方が自分の時間ができていいという方もいます。