家計の収入について

家計の収入というのは、それぞれの家庭によって全く異なります。
基本的ベースになるのは、主に稼ぎ頭といわれている人です。世帯によって男性ではなく、女性という場合もあります。
主夫という言葉がでてきているぐらいですから、男性だけが稼ぎに行くということはありません。
また、今は不景気ということもあり、夫も妻も両方が働いているということが多い時代です。
しかし、扶養という中で働くか、それを超えてもっとばりばり働くかということで働き方も変わってきます。
100数万円を超えてしまうようでしたら、がんがん稼がないとかなり損になってしまうということもあります。
しかし、子供がいる家庭になりますと、保育園に入れる際にも働いていないと入れることはできませんし。かといって採用率が高いということもありません。今保育園の空きがあまりないので、みなさんとてもこまっているようです。
しかも、保育料というのは数万円しますから、あまりに稼ぎが少ない場合には、この額を上行くぐらい稼げないということもあります。
しかし、収入のためだけではなく、一緒にいすぎて育児ノイローゼになってしまうという方もおおいようで、働いた方が自分の時間ができていいという方もいます。

Comments are closed.