退職事由別退職金総額

一昔前までは、国内の雇用と言うのは、終身雇用制度が当たり前であり、学校を卒業して勤め始めた会社に定年退職するまで勤め続けるというのが当たり前でした。ですが、今や転職やリストラと言うのは特に珍しい事ではなくなっています。国内の雇用状況が大きく様変わりしたのです。
もっとも一言で退職と言ってもその人によって、退職事由というのは様々あるモノです。ですが大きく考えると、自己都合と会社都合という形で二つに分ける事が出来ます。
更に自己都合の場合でも、転職するためや会社内で上手く行かなくなったためという分かり易いケースもあれば、業務成績が著しく劣ったり勤務成績が著しく悪いために、自己都合扱いで退職する羽目になるという様なケースもあります。同様に会社都合の場合でも、定年退職や業務を行っていた事が原因で病気になり就労が困難になったり、リストラで会社を退職する羽目になったりと理由は様々あります。
ただしどちらの退職事由でも、ある一定期間以上その会社に勤めていたら、退職金という形でお金が支払われる事になります。ですが基本的に同じ年数会社に勤務していた場合でも、自己都合に比べて会社都合で退職した方がその金額というのは高くなるモノです。しかも病気という同じ理由でも、会社や退職の仕方により、自己都合になったり会社都合になったりと変化するので、注意が必要です。

Comments are closed.