賃金支給額の内訳

給料と呼ばれている賃金とは、いくつかのものが合算されたものとなっています。

まずは基本給というものがあって、それに各種の手当てというものが上乗せされている、というのがその???? Vol.126 ?IT??????????????基本的な仕組みで、この手当てには残業をした際の残業手当や、休日に出勤して仕事をした場合の休日出勤手当て、また、出張などをした場合の出張手当、などといった各種の手当てが含まれていることになります。

すなわち、基本給というものにこうした各種の手当てが全て合算されたものが、賃金支給額となっているわけなのです。

賃金が支払われる際には、こうしたものの内訳が記されている給与明細書が付けられますから、賃金の支払いを受ける従業員は、この給与明細書をみれば、その内訳がどうなっているのかがわかるということです。

また、給与所得というものは所得税法によって、その事業所に源泉徴収を行うことが義務付けられていますから、この源泉徴収によって差し引かれている所得税の額も、給与明細書には記されているわけです。

同様に、医療保険や雇用保険と呼ばれている失業保険、その他の社会保険といったものも天引きされた上で、給与といったものは支払われるために、こうした社会保険の明細も給与明細書には記されています。

すなわち、給与所得者である従業員が実際に支給される給与とは、源泉徴収される所得税や、各種の社会保険として徴収されるものが差し引かれた上で、いわゆる「手取り」として支給されるものとなっているわけなのです。

Comments are closed.