都道府県別女性労働者パートタイム賃金

全国のパートタイム賃金やアルバイトの賃金は一律ではありません。これはなかなかわかりにくいですが、人を雇う場合にこれ以下の値段で雇ってはいけないという最低ラインがあります。正社員は当然としてパートタイマーやアルバイトもこれ以下で雇うことは法律で禁止されています。最低賃金はベースとなるもので、残業代や交通費はこの中に含まれません。支払う場合はこれらも払わなくてはいけません。最低賃金に関しては各都道府県で違ってきます。同じような地方だとほぼ同じ傾向がありますが、東京に隣接しているようなところでも少しずつ金額が違ってきています。また一番高いところと一番安いところでは、200円くらい最低賃金が違っています。ですから最低賃金以下で賃金が設定されている場合は、明確な法律違反です。これは法律で決定していることですが、ものすごく重要な政策です。企業成績が伸びているのに企業がなかなか賃金アップに踏み切らない場合は、国が後押しする必要があります。どうしても世界同時不況の影響が残っているためか、企業は及び腰である部分が多いので最低賃金法はものすごく大事です。東北や九州などは安い傾向がありますが、これは物価水準なんかを考慮して決定されています。

Comments are closed.