都道府県別常用労働者現金給与総額

???? Vol.126 ?IT??????????????都道府県別常用労働者現金給与総額から見ると賃金の平均は317321円となっています。また、1番賃金が高い都道府県はだんとつで東京都になっており、これは414539円となっています。2番目は大阪府の341811円、3番目は愛知県の330356円となっています。このように見ていくと賃金の多い県はいわゆる日本の三大都市を有する東京都、大阪府、愛知県となっています。やはり、人口密集地帯が賃金が高いことが分かります。製造業別の賃金で見ていくと東京都が504773円と圧倒的な金額となっています。次が神奈川県の417997円、愛知県の390634円となっており、製造業が一地方に集中しているのが分かります。以外にも大阪府は製造業別の賃金では372222円となっており、滋賀県に若干下になっています。
逆に賃金の低いワースト3県を見ていくと、沖縄県、宮崎県、鹿児島県となっており、それぞれ、238346円、250739円、252245円となっており、南の県に集中しています。特に沖縄県は他と比べて際立って低いと感じられます。また製造業別の賃金を見たもやはりあまり高くはありません。ここから分かることとして、産業の多さと人口の多さが賃金の高さを決めるカギになっているかと考えられます。

Comments are closed.